会社概要

商号
株式会社原田琺瑯製作所/Harada Horo Co,.Ltd.
本社
〒812-0053 福岡県福岡市東区箱崎6-11-33
Tel
092-651-2347
Fax
092-651-3616
Mail
info@harada-horo.com
設立
昭和26年5月
資本金
1000万円
代表者
代表取締役 原田 康幸
建設業許可
福岡県知事許可(般)第60055号
事業内容
各種標識看板(スチール・ステンレス・アルミ・プラスチック・セラミックス)、スクリーン印刷全般、カッティングシート加工、Macデザイン・プリンタ出力
取引銀行
佐賀銀行箱崎支店/福岡銀行箱崎支店

沿革

昭和26年(1951年)
原田正の個人経営にて原田琺瑯看板製作所として発足し、ホーロー看板、交通標識その他掲示板の制作販売をなし、基礎を築く。
昭和32年(1958年)
業績進展に基づき、株式会社原田琺瑯製作所として、資本金100万円に改組。
昭和35年(1960年)
生産増強をはかる為、福岡市箱崎小松町4097番地に工場を新設する。
昭和40年(1965年)
大塚製薬株式会社 宣伝用 オロナミンCドリンクのホーロー看板を制作し、月産1万枚平均を大阪本社に納入。
昭和50年(1975年)
福岡市東区箱崎6丁目11番33号に町名変更。
昭和56年(1981年)
旧製造設備を一掃し、連続焼却炉等を新設。
スクリーン印刷事業を本格的に展開する。
平成2年(1990年)
カッティングマシーンを導入し、マーキングフィルム事業を展開する。
平成3年(1991年)
資本金 500万円に増資。
平成5年(1993年)
資本金 1000万円に増資。
平成10年(1998年)
新事務所棟新設。
シート出力事業展開。
平成15年(2003年)
箱型焼成炉新設。

ポリシー

「面倒くさいからこそ、そこに価値があり、活路が見い出せる。」
琺瑯看板の耐久性、美観、リサイクル性が見直される時代です。 株式会社原田琺瑯製作所は、企画、製作・施工にあたりお客様とのコミュニケーションを大切にしています。 企業の活動や人々の営みのあるところに、原田琺瑯はあまねくプロモーションの機会をご提供したいと考えます。企業のお客様だけでなく、商店主のお客様、個人のお客様も大切にいたします。 企業・商品・サービスに関する宣伝広告から、看板、個人宅琺瑯表札に至るまで、ひと味違った効果的でビジュアルな看板をご提案を申し上げます。 ビジュアル・コミュニケーションを通して、変わりゆく時代における人と人との新しい関係性の在り方を求め、常に進化しながらも、「物づくりへのこだわり」を追求しつづける企業でありたいと考えています。

会社情報